飲食店は誰でも開業出来るのでしょうか

まずは必要な資格を取得しましょう。 資格とは、安全な営業を行うためのルールです。 自分のためにも、きちんとルールに沿った営業をすることが大切です。 届出等もきちんと把握しておくと、開業における不安が軽減されます。 開業スケジュールに合わせて漏れのないよう確認しましょう。

取得すべき資格にはどんなものがあるでしょう

カフェや食堂、居酒屋など、飲食店にも色々な種類があります。

場所や規模、業態によって様々ですが、一般的に開業資金として数百万から一千万程度は必要だと言われています。
集客の見込まれる繁華街であれば、当然家賃なども高くなるので、開店資金も多く必要となります。

つい最近新規オープンした飲食店が、半年程度で違うテナントに変わっているのを見かけた事はないでしょうか。
これは、飲食店の形態と、店舗が合っていないなど、様々な要因が原因です。

居酒屋であれば、駅徒歩圏が理想ですし、食堂であれば、学生やビジネスマンの多い場所が合うでしょう。
こうした立地の問題や、メニューの魅力や値段設定、あるいは接客など。
前述したような事態を回避するためには、多角的な判断が必要となります。

誰でも飲食店を開業出来るかというと、資金と資格さえあれば、開業事態は可能です。
しかし、飲食店は競争の激しい業界であり、しっかりとしたビジョンがなければ営業を続けるのは難しいでしょう。

入れ替わりの激しいテナントなど、飲食店経験者であってもなかなか難しい立地もあります。
営業時間も昼間なのか、夜なのか、時間帯も大切な判断材料です。
まずは細かなリサーチから初めて、コンスタントな集客が見込まれる状態が可能な物件を知りましょう。

ここでは飲食店の開業にあたって、必要な覚えておきたい事をまとめました。
大切なポイントをしっかり押さえて、お客に喜ばれる飲食店を目指しましょう。

資金計画を立てよう

開業資金を全て自己資金で準備出来るのは理想的です。 ですが、飲食店を開業するとなると、内装や設備など、それなりの予算がかかるのもです。 利用できる補助金や助成金を確認して、予算を上手にやりくりしましょう。 自治体などに問い合わせる事で、詳細を教えてもらえます。

利益を出すために

初期投資を抑えられる物件を選んだり、利益率と回転率を考えた販促など。 開業後の営業をスムーズに出来るように準備しましょう。 特に物件選びは、立地なども営業に大きな影響があります。 希望の立地が決まったら、資金に合う物件を探すといいでしょう。 その後の集客も見据えて、慎重に選んでいきましょう。