資金計画を立てよう

この記事をシェアする

開業資金について

開業予定の個人などが、最大で200万円の補助を受けることが出来るのが、創業補助金です。
中小企業庁が運営しています。

全国どこでも可能ですが、補助を受けるには国による審査があります。
場合によってですが、返済の義務が生じる場合もある制度です。

開業資金は思っているよりも多く必要になることも多いでしょう。
どこに店舗を構えるかなど、立地によっても家賃が大きく変わります。

またインテリアや内装にもこだわった店にするならば、相応の予算がかかるでしょう。
申請や審査など、時間のない中で大変に思われるかもしれませんが、補助金の利用によって開店資金が補えるのは大きな魅力です。
納得のいく店舗作りに近づくことが出来るでしょう。

販促のための補助金

飲食店を繁盛させるには、広告やチラシなどを作成するなどして、販売促進をしていくことが必須です。
飲食店であれば、季節のメニューやおすすめなど、通年してコンスタンスに販促費用がかかるでしょう。

その販促のためにかかる費用のうち、3分の2を補助してくれる制度があります。
小規模事業者持続化補助金です。

こちらも全国どこでも可能で、上限は50万円までとなっています。
商工会議所が窓口となっていて、事前申請が必要です。

他にもキャリアアップ助成金などもあり、自治体のホームページなどでも、利用可能な助成金制度の確認が出来ます。
どこまでが補助対象であるのか確認をし、利用可能であれば販促に繋げるようにすると良いでしょう。